2009年12月10日

買物共通バス券をご利用下さい

 帯広市商店街振興組合連合会では「バスに乗って中心街へ来られたお客様」が、この共通バス券事業の参加店で2,000円以上のお買い物をされたときに、100円のバス券を提供するサービスを行っております。

 平成14年(2002年)12月からスタートして、もう7年にもなりますが、先日こんなサービスがあるのを知らなかったというお電話をいただきました。
 十勝管内を走る「十勝バス」・「拓殖バス」2社の路線バスに乗ると、運転席後ろのボックスに

 「買物共通バス券引換券」がありますので、バスを降りるときに1枚お取り下さい。

 引換券の裏側に、現在参加している50店舗の名前を掲載していますので、この参加店にて2,000円以上のお買い物をする場合、この引換券と「100円のバス券」を交換してもらえます。

 有効期限は約2ヶ月となっています。バス券は金券扱いなので、一度に複数枚の使用も出来ますが、お釣りは出せないので、ご注意下さい。
 とてもお得なサービスなので、ぜひ、ご利用下さい。
posted by pcfact at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 商店街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

不況の店舗を救う!メッセージボード

 街を歩いていると、店頭に手書きのボードが置かれていて、ふと立ち止まることがあります。このボードが今一番注目されている販促ツール「メッセージボード」です。12月3日に札幌から沼澤拓也先生をお招きし、メッセージボード講習会を開催しました。

 帯広市商店街振興組合連合会加盟店の13店舗15名の参加申込があり、実技込みの3時間の講習会でしたが長時間を感じさせないくらい有意義な勉強会となりました。

 メッセージボードは、お店の情報をタイムリーに発信する「人」と同じです。
買い物行動に繋がる「人間心理8ステップ」として、次のようなものがあります。
1.注目      認知段階
--------------------------------
2.興味
3.連想
4.欲望      感情段階
5.比較・検討
6.信頼
--------------------------------
7.行動      行動段階
--------------------------------
8.満足
 お客様が商品を認知する「注目」段階で接客行動に入ると、「すぐに販売員がまとわりつくお店」として、お客様の一番いやがるお店の第1位にランクされます。
 上手に接客するには、5番の比較検討段階から。1番の注目から4番の欲望までは、メッセージボードが担当します。
メッセージボードに書き込む前に「要チェック」
「売れる商品、サービスは何か?」
「なぜ売れているのか?」 理由がわからなければ、お得意さんに聞いてみる。
「店の前を歩く人はどんな人がいるか?」
書き込む内容は?
催事情報 「29日はお肉の日」「記念日」。店の創業記念日は知っておくこと(創業記念祭)
自店ニュース 「パートナー・アルバイト募集」
地域情報 「天気・最高最低気温」などなど
タイムリーな情報が買い物の欲求を生み出します。

メッセージは字ではなく図形で描きます。図形としての字の形を練習します。
人間が注目するものは完全なものではありません。手書きで、上手でなくても引き込まれて読みます。

教材のブラックボードに書き込みます。

最初に「キャッチコピー」 ○○へ、○○○?などの問いかけ!
次に「セールスポイント」
そして「商品名」
最後に「クロージング」 お気軽にどうぞ!私も使ってます。ご予約承り中!
などです。

完成です!皆さんとても良く出来ました。素晴らしいです。
講師の先生からもほめていただきました。
posted by pcfact at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 商店街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする