2010年12月24日

昭和時代の映画館 その1

昭和30年頃の帯広中心部を覚えていますか?
当時の帯広市は十勝の中での大都会であり、帯広駅には根室本線を中心に広尾線、士幌線、池北線が乗り入れ、たくさんの乗降客であふれかえっていました。
また、帯広大通駅から軽便鉄道が稲田・川西へと走る十勝鉄道(現在「とてっぽ通」として残る)もあり、交通の要所でありました。
地方に住む若者にとっての楽しみは、映画、レコード(オイカワレコード店)、本(田村書店)、藤丸デパートなどがあり、
特に映画の封切館は帯広にしかなく朝早くから汽車に乗って帯広へ行く人たちも多かったように思います。
西2条9丁目周辺には、藤丸百貨店南角に「テアトル銀映」

その2軒隣には日活映画の「キネマ館」がありました。

キネマ館の入口前に「猿小屋」があり、子供達だけではなく大人にも人気があり、映画よりも猿を見に来るお客さんも多かったようです。

昭和時代の映画館 その2 へ続く
posted by pcfact at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック