2015年09月02日

オープンリールデッキ SONY TC-9400A その2

 SONY TC-9400Aを購入して、再生・録音はできたのですが、一番の問題はストップの調子が悪く、テープが緩み逆に巻き付いてしまう不具合がありました。
 このオープンリールデッキは全面の4つ角のあるネジを緩めると表面パネルが簡単に外すことができます。

 リール台のネジ3本を外してブレーキストッパーをチェックすると、滑り止めのフエルト(ブレーキパッド)が汚れて、しかも薄くなっているようでした。
 リールを手で回してみると、ストッパーが効きません。そこでストッパーの上にあるEリングワッシャーを外してブレーキを取り出し、いったんブレーキパッドをカッターで削り落とし、よく洗浄して乾燥。そして、端切れのフエルト布を裏側に貼り付け少し厚みを出してから再び貼り付けてみました。多少は良くなりましたが、右側のリールのブレーキがまだ少し甘いように感じました。これで一度セットしてブレーキテストをしたところ、テープの緩みはかなり改善し、テープの逆撒き付きは無くなりました。
 
 カウンターは問題ありませんが、ベルトが伸びていてユルユル。ちょっと不安なのでネットでベルトの詰め合わせを購入して、ちょうど良い長さのものと交換しました。
 次は、ソースとテープの切り替えスイッチ(モニタースイッチ)にガリがあり、何度かレバーを上下しなければ上手く切り替えができません。
 前面からは作業ができないので、木製ケースを外すことにしました。ケースにはネジが左右2本ずつ、上に3本ありすべて外して機器を取り出します。とても重いので注意が必要。

 下の写真は裏側です。左右にリールモーター、真ん中にピンチローラーのモーター(ファン付き)

 
<TC-9400A その3に続く>
posted by pcfact at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | オーディオの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょうど同じことをやってましたので大変興味深く拝見いたしました。私のTC-9400Aの今の問題はやっと19cm/sでは問題なく音が出てきたのですが9.5cm/sに切り替わらないという問題が出てきました。またまた楽しみな作業が続くます。修理をするだけで楽しいものですね。
Posted by けんたん at 2015年09月03日 15:33
コメントありがとうございます。私のデッキはソースとテープの切り替えスイッチにガリがあり接触不良のようでした。何回かレバーを上下して切り替わる状態だったので、無水アルコールをかけて清掃し、接点復活材をちょっとだけかけて何とか直りました。
Posted by pcfact at 2015年09月03日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック